教育目標は平成14年に厚生労働省から出された「保健機能食品に係わるアドバイザリースタッフの養成に関する基本的考え方について」を尊重しています。従って、健康食品と健康との係わりを物質代謝レベルで理解が可能であり、かつ疾病や生活習慣病等の検査結果に関する知識を有し、『食品、健康食品に関して安心・安全』を担保可能な人材とこの分野における研究開発、販売等でのトラブルを未然に防ぐことのできる人材育成を目標としています。 具体的には次のような能力が挙げられます。

  1. 健康食品などの分類ができ、適正摂取に関して安全性も含めて有用性を判断できる。
  2. 健康食品の過剰摂取が引き起こす障害など問題点の認識ができる。
  3. 医薬品と健康食品の相違についての認識ができる。
  4. 医薬品による治療に対して健康食品の使用のあり方を判断できる。
  5. 健康食品など生体に何らかの作用のある食品と医薬品との相互作用の判断ができる。
  6. 食品及び食品添加物の安全性に関する認識ができる。
  7. 健康状態の情報としての臨床検査に関する知識を有しその利用ができる。
  8. 健康状態に応じた食品及び健康食品などの適切な利用法が判断できる。
  9. 薬事法、健康増進法、食品衛生法、JAS法の理解ができる。
 10. 消費者保護の観点で健康食品に関する相談に応ずることができる。

認定協会ページに戻る